亀泉 純米吟醸原酒 CEL(セル)-24 1.8L

原料米八反錦 精米50% 度数14.2 日本酒度ー15 酸度2.1            高知県土佐市の蔵元。藩政の時代から涸れることの無い街道一の湧き水を使用したことから万年の泉「亀泉」と名づけられました。その酒質は香り高くキレの良い高知を代表するお酒です。この純米吟醸原酒 CEL-24 (生)はそんなイメージを一変、甘酸っぱい香りの非常に高い酒。
広島県産米の八反錦50%を使用。一番の注目は高知県工業技術センターで開発された酵母、CEL-24使用という所でしょう。この酵母はCEL-19の弟分にあたり、非常に香りが高くまた酸味もあり、甘酸っぱい味で、香りに関しては兄貴の倍ぐらいあります。アルコール13?14%(原酒)、日本酒度が約-10?ー11度と甘口です。これはこの酵母の特長でこれ以上は発酵していきません。そういう性質の酵母みたいです。
飲み方は、キンキンに冷やして、また氷を入れて冷酒で。常温だと甘ったるくなるのでお薦めできません。余り日本酒が得意ではない人や女性にピッタリだと思います。
とにかく、非常に香りの高いフルーティな酒です。超お薦め。
販売価格 3,350円(内税)
SOLD OUT

Group

About the owner

いりやま小山商店 小山弘幸

明治に祖父と祖母が北海道に移り住んでからはや、一世紀になろうとしています。魚の行商から始まり、昭和33年に酒類販売免許を取得し、ちいさな町でちいさな酒屋を営んでいます。砂川市は札幌市と旭川市のほぼ中間に位置しており、周りには温泉もたくさんあり、ピンネシリの夕焼けがやさしく心を癒してくれます。超有名な酒よりも米の旨さを感じさせてくれるお酒が好きな酒屋です。ちょっと覗いてみて下さい。

Top