出羽桜 純米吟醸 江戸ラベル 720mL

原料米出羽燦々 精米50% 度数15.8 日本酒度+3 酸度1.5         将棋の駒で有名な山形県天童市の蔵元。早くから吟醸造りを行い日本酒業界をリードし続けている。華やかな香が特徴の「小川酵母」を活用しながら毎年、新たな酒造りに挑戦を続けている。このお酒は、東京の地酒問屋 小泉商店と取引のある熱心な地酒専門店と蔵元で組織する「小泉青雲塾」が企画した限定酒です。出羽桜の華やかな戦列さと上品な香り、火入れの落ち着いたふくよかな味わいが楽しめる純米吟醸酒です。
販売価格 1,425円(内税)
購入数


Group

About the owner

いりやま小山商店 小山弘幸

明治に祖父と祖母が北海道に移り住んでからはや、一世紀になろうとしています。魚の行商から始まり、昭和33年に酒類販売免許を取得し、ちいさな町でちいさな酒屋を営んでいます。砂川市は札幌市と旭川市のほぼ中間に位置しており、周りには温泉もたくさんあり、ピンネシリの夕焼けがやさしく心を癒してくれます。超有名な酒よりも米の旨さを感じさせてくれるお酒が好きな酒屋です。ちょっと覗いてみて下さい。

Top