青煌 純米 医療従事者支援酒 STAY HOME 300mL

青煌は、2007年に山梨の武の井酒造が新たに造り出した、原料米に拘り、手間隙懸けて醸し出す日本酒です。
原料米は、全国各地から取り寄せた酒造好適米を用い、発酵に必要な酵母は東京農大短期大学部酒類学研究室の中田久保教授が花から分離した花酵母の中の一つである『つるばら酵母』をメインに使用しています。
そして、仕込み水は武の井酒造が位置する山梨県北杜市、名水百選にも選ばれている三分一湧水「さんぶいちゆうすい」の湧き出でる八ヶ岳山麓の伏流水を地下から汲み上げて使用しています。

このお酒を皆様にお買い求めいただくことで、飲み手、売り手、造り手の三者から医療従事者の皆さんに支援が出来ます。
医療に携われない私たちは、なるべく外出を控えて感染の可能性を減らし、一日でも早い感染症の終息に向けて団結しなければなりません。
現在、飲食店始め、酒販店、メーカー、その他の業種もほとんどと言っていい程苦しい状況に追い込まれています。最小限の外出の中に、飲食店さんでのテイクアウトを、飲める方は酒屋さんでお酒の購入をして頂けると助かります。
お酒の中身についてですが、今期の青煌純米酒火入れになります。販売減少で新酒に切り替えられずいつ世に出せるか分からないお酒を詰めました。
新型コロナウイルス感染症が一日も早く終息することを願っています。

武の井酒造株式会社
専務 杜氏 清水紘一郎
販売価格 660円(内税)
購入数


About the owner

いりやま小山商店 小山弘幸

明治に祖父と祖母が北海道に移り住んでからはや、一世紀が過ぎました。魚の行商から始まり、昭和33年に酒類販売免許を取得し、ちいさな町でちいさな酒屋を営んでいます。砂川市は札幌市と旭川市のほぼ中間に位置しており、周りには温泉もたくさんあり、ピンネシリの夕焼けがやさしく心を癒してくれます。超有名な酒よりも米の旨さを感じさせてくれるお酒が好きな酒屋です。ちょっと覗いてみて下さい。

Top